岡山のhiroの水彩画

絵を多く描く(上達)のためにブログに参加しました。

続、山鹿観光(山鹿市」

   

1640年細川藩の山鹿御茶屋にその歴史を発し明治    日本伝統工法による九州最大級の木造温泉
以降、道後温泉の棟梁による大改修などを重ねながら    アルカリの美肌の湯です。
現代に至っています。

          民芸館にある写真用      毎年盆の二日間だけ行われる山鹿灯籠祭り、灯籠は国指定の伝統工芸品で

の山鹿灯籠をのせて      和紙と少しの糊だけで制作、室町時代より受け継がれる伝統の技、この時期特
喜んでいる妻、数千円                に写真愛好家などが全国から沢山訪れる   
から数十万円の作品を
販売、このサイズで5万
弱円。 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。